ペルシャ絨毯の選び方

ペルシャ絨毯は、時間と手間をかけて一つ一つ作られており、芸術的で美しい工芸品で、敷物として扱われるだけでなく、タペストリーやテーブルクロスなどインテリアの一部としても用いられています。形状には、正方形や楕円形、円形などもありますが、一般的に多く出回っているのは長方形でサイズも様々です。ペルシャ絨毯は、大変高価なものになりますので、やはりお店へ出向いて直接手に取って選ぶ事が大切です。品質の見分け方は、糸の結び目が多く織り目が細かい事、歪みが無い事、裏側の図案が表と変わらないほど綺麗に出ており、丁寧に織り込まれているかがポイントになります。また、最高級の絹やウールで作られたものは、肌触りが全く違います。ペルシャ絨毯は、高価ですが見た目の美しさや使い心地を考えると、それだけの価値が十分あると言えます。

ペルシャ絨毯の魅力とインテリア

ペルシャ絨毯は、室内の敷ということですが、海外の場合には、日本のように靴を脱いで部屋に入る習慣がないところが多いので、ペルシャ絨毯も土足で使用したりしますが、それでも50年以上利用するのが普通という国もあるようです。理由としては、丈夫であるということもありますが、切れても、補修がしやすいということもあります。羊毛なので、つなぎ合わせやすいということもあります。昔は、買い物もひと苦労でしたので、長い間使い続けることが条件のひとつだったのでしょう。それで、数十年も使うことができる絨毯もできたということになります。また、インテリアとしても、絨毯を替えるだけで、部屋のイメージが、ガラッと変わります。その点も魅力です。日常生活でも快適に過ごせたのでしょうが、財産としても活用できたということも魅力のひとつなのでしょう。今では、インターネット通販でも簡単に購入できるので、インテリアとして利用するという方法もあります。

インテリアと美術品の二面性をもつペルシャ絨毯

ペルシャ絨毯の起源は3000年から4000年前とされていますがはっきりとしたことは分かっていません。実用品として使用されるほか、その美しい模様から美術品として扱われることもあります。鮮やかな色彩には自然素材から作り出された色なので、長い年月が経つほど味わい深くなっていきます。美しく染め上げられた糸を職人さんが一つ一つ丁寧に結んで作っており、その作業を何回も繰り返してやっと完成します。独特な美しい紋様でも評価されている絨毯ですが、その紋様にはそれぞれ意味があります。作られる地域や宗教によって変わっていて、約100種類以上もあります。紋様の意味を知ることも面白いかもせれません。ペルシャ絨毯はきちんとしたお手入れをしていれば、およそ80年以上は使用できるといわれています。時間が経つにつれて変化していく色合いを楽しむこともペルシャ絨毯の魅力の1つです。

我が社は、業界でははじめて分割手数料をゼロ円にいたしましたので、お気軽に憧れのペルシャ絨毯を購入できます。 美しく、日々の生活にそっと寄り添ってくれるような高品質の直輸入絨毯が、セールなど、メリット沢山、分割払いでご購入いただけます。 富裕層ばかりではなく、業界初の分割金利手数料をゼロにするなどして、幅広いお客様にアピールしています。 各種じゅうたんをご満足いただける価格で提供! ペルシャ絨毯でおすすめの商品をみる

コメントを残す