憧れのペルシャ絨毯を

憧れのペルシャ絨毯は、やっぱり本物はそれなりのお値段をお要します。けれど柄がとても繊細ですし、色使いもとても綺麗です。一点一点作り手の手作りという物も多いですし、その手間暇や希少価値などを考えたら必然的に良いお値段になってくるのはうなずけます。日本の着物などの織物もそうですよね。伝統工芸というだけでも非常に価値を置く物ですし、作り手の情熱と愛情を感じさせる商品が多いです。理想はパン屑やスープ染みなど気にせずに、ダイニングの下に贅沢に敷いてみたいです。良い物を普段使いにしてみたい気持ちはあります。自然に目が肥えて、本物を見抜く眼力も養えるでしょう。でも、やっぱり高いので、まずは最初の登竜門としては、値段も考慮して、玄関マットなどの小ぶりなサイズからトライしてみるのが良いでしょう。とは言え玄関はその家の顔ですから、一番目を引く所です。良い物を、しつらえてみては。

豪華なイメージを持つペルシャ絨毯

ペルシャ絨毯は伝統的に昔ペルシャと言われていた場所、今のイラン周辺で生産されてきた素晴らしい技術です。素材として最も使用されているのは羊毛です。なかにはシルクのものがありますが、それは耐久性に欠けるので、絨毯よりもタペストリーとして作られている方が多いです。そして、デザインとして私たちがよく目にするのは唐草模様、アラベスク模様などです。時代とともにデザインにはコンピューターの導入も最近ではされています。この色とりどり美しい手織り絨毯を誰もが欲しがりますが高価なことは事実で、リビングにこれがあるだけで、そこがステータスの高い場所であることを感じます。インテリア雑誌に掲載されているこの絨毯はいつも豪華な光を放っていることを感じずにはいられません。ペルシャ絨毯は人々の憧れで、いつかはこれを敷いた家に住みたいと人は考えます。

ペルシャ絨毯について

ペルシャ絨毯は、模様や形、大きさなどが異なるさまざまなものが販売されています。それらは1枚1枚手作りで製作されており、1枚製作するのに熟練した織り子であっても、6か月から1年半はかかると言われており、かなり高級な絨毯です。ペルシャ絨毯の模様は主に、絨毯の中心に大きな模様を持つタイプ、幾何学模様のタイプ、モスクをイメージした模様のタイプ、絵画や景色を絨毯にしたタイプなどが挙げられます。大きさは、欧米向けの大きなサイズが比較的多く製作されているため、日本人に需要のある小さめのサイズは入手困難となっているのが現状です。高級なものは、動植物や鉱物から作られた天然の染料が使われており、使えば使うほど色合いが落ち着き、味が出ると言われています。興味のある方は是非この機会に、自身の部屋にピッタリのペルシャ絨毯を探してみてはいかがでしょうか。

コメントを残す